What's BinO:【BinO総合サイト】スキップフロア住宅・コンパクトハウス

OPEN SPACE FOR
GOOD COMMUNICATION

開放感が家族をつなぐ

スキップフロアの特長の1つは、開放的な空間の中で、家族がほどよくつながりながらのびのびと暮らせること。
一般的な住宅のように空間を壁で分断してしまうのではなく、床の高低差によってゆるやかに分ける構造なので、それぞれのスペースが完全に孤立することなく、いつも家族の気配や声を感じながら過ごせます。吹き抜けを通して声をかけあったり、顔を見合わせたりー。
つねに家族とつながっている安心感があることで、自然なコミュニケーションや家族の絆が育まれていきます。

COMPACT RICH

暮らしを楽しむボーナス空間

通常の2階建ては、階段や廊下がデッドスペースになりがちですが、スキップフロア構造は、限りある空間を最大限に有効活用できるので、小さな家でもインサイドストッカーやアウトサイドストッカーといった暮らしを楽しむためのボーナス空間を手に入れることができます。
生活のための場所だけでなく、レコードを集めて音楽を楽しんだり、バイクをメンテナンスしたりと、日常をエンジョイできる場が最初から用意されています。もちろん収納として季節の物やアウトドア用品、子供用品もしまっておけるので常に室内を美しく保てます。

LIGHT AND BREEZE

光と風を取り入れる

壁で仕切られていないスキップフロアの室内では、視界がタテ、ヨコ、ナナメに広がって、実際の面積以上の広がり感を得られます。視界が広がるということは、それだけ光や風も通りやすいということ。
外から招き入れた光と風が、吹き抜けを伝って家全体にまんべんなく届けられるから、家の中はいつも明るく、心地いい空気で満たされています。さらに光や風を上手に利用することで、ムダな消費エネルギーを抑えながら、より少ない光熱費で、より快適に暮らすことが可能です。

STAIRS FOR
LIFE DESIGN

段差を利用して健康に暮らす

今や日本ではバリアフリーが当たり前。しかし海外では、過度なバリアフリーはかえって老化を早めると言われ、適度な負荷のあるほうが健康を維持しやすいという説が広まりつつあります。
段差のあるスキップフロアの家は、普通に暮らしているだけで、知らず知らずのうちに身体を動かし、それが結果的に健康寿命を延ばすことにつながります。少ない負荷で楽に移動できる短い階段や視覚的に計算された空間設計なども、健康へとつながる要素のひとつです。