幸せになれる家を建てよう!

「リビングはできるだけ広く」「個室は3つほしいな」「日差しがたっぷり入る吹き抜けがいい」——
家づくりをスタートさせる際、デザインや間取り、部屋数などから新居をイメージされる方は多いでしょう。いえ、ほとんどの人がそういった事から考えはじめると言っても過言ではないかもしれません。

せっかくのマイホームですから、夢がどんどんふくらむのは当然ですし、あれやこれやと想像したり迷ったりする時間も楽しいものです。
けれど、ちょっと待って。その前に、もう一度、考えてほしいことがあります。それは、「何のために家を建てるのか」ということ。

結婚を機に新築を考える人、家が古くなって使いにくいからという人、家族が増えて手狭になったから
という人など、家を建てる理由は千差万別。けれどもその本当の目的は、「今よりももっと幸せに暮らすため」の一言に尽きるのではないでしょうか。

あれも、これもと欲張りすぎたり、見た目だけで選んだりして、自分たちのライフスタイルに似合わない家を建てても、これから先、何十年と続く一日一日を、心から楽しんで暮らすことはできないでしょう。

だとすれば、デザインや間取りよりも、自分たちにとってどんな暮らしが幸せなのかを考える方が先決。
まずは、あなたとご家族にとっての幸せを見つめ直してみませんか? 必ずそこに、「いい家とは何か」の答えが隠されているはずです。
BinOは、「どんな家を建てるか」ではなく、「どれだけ暮らしを楽しめるか」という発想からスタートしています。

これまでの住宅のような過度な装飾や仕様といったムダを省き、限られたスペースでも心豊かで楽しく暮らせるよう、 美しさと強さ、機能性、快適性を極限まで追求した等身大の住まいです。

シンプルでコンパクトだから建築コストを抑えられるだけでなく、家族仲良く、省エネで快適に暮らすための工夫がいっぱい詰まっています。

なんでもない毎日をいかに楽しく、ワクワクしながら過ごせるかを考え尽くしたBinOなら、安心、快適、楽しい暮らしのすべてが手に入ります。
  • binOのことをもっと詳しく聞きたい
  • モデルハウスを見てみよう
  • お近くの加盟店を探す
ページのトップへ

これから建てるなら「規格住宅」がおすすめ

家づくりには、大きく分けて2つの方法があります。1つは施主の注文に応じて設計する「注文住宅」、もう1つは最近、注目が高まっている「規格住宅」です。

注文住宅はその名のとおり、施主の注文に沿って自由に設計する家で、その家族にぴったりなこだわりの家をつくることができます。only oneの家になるため、完成までとても楽しみなのが注文住宅の特徴です。
しかし、自由度が高い反面、すべてを一から考える必要があるので、時間や労力がかかり、その分、建築費用も高く、予算をオーバーしてしまう事がしばしば見られます。また、計画の段階では、完成後のイメージがしにくい事があるため、お引渡し後にこうすればよかった、これは必要なかったという事が多いようです。
また〝今の暮らしに合わせた〟家や、個性的な家ほど飽きられやすいので、後になって建て替えざるを得ないケースも少なくありません。
一方、規格住宅は、間取りや仕様をできるだけ統一し、建材や部材を工場で一貫生産した住宅のこと。
規格に沿って生産するので、間取りや仕様の変更には制限やルールもありますが、一定水準以上のハイクオリティな住宅を、より安価に、少ない労力で建てることができます。
またシンプルなデザインと強固な構造をもつ規格住宅は、流行に左右されにくく、年月が経っても長く愛される住まいとなります。
それよりも何よりも、モデルハウスと同じ空間イメージで完成しますから、お引渡しの前からどんな生活をしようかとワクワクしながら、生活設計ができ、お引渡し後もその設計通りの生活ができる様になります。

これから家を建てるなら、価格が高く将来的な利用価値の低い注文住宅よりも、高性能で低価格、どんな状況にも対応できる規格住宅が絶対おすすめです。
  • BinOのことをもっと詳しく聞きたい
  • binOのラインナップを見る
ページのトップへ

今、大注目!スキップフロア構造の家

スキップフロアという言葉をご存じですか?
スキップフロアとは建物の構造の1つで、段差構造の住宅を指します。
言葉だけではちょっと分かりにくいので、一般的な2階建ての住宅と比較してみましょう。(右図)

一般的な2階建てはフロアが2つにはっきりと分かれており、上下階を階段でつなぐ構造となっています。それぞれの部屋が壁によって仕切られているため、空間が閉鎖的になり各人が孤立しがちです。階段が長いので、毎日の上り下りを負担に感じてしまうこともあるでしょう。

また、将来的にご夫婦での暮らしになると2Fへ行く事が少なくなり、南面の一番日当りの良い部屋が物置部屋になってしまうという事もよくありがちなお話です。
一方、スキップフロア住宅は、各階層のフロアをずらし、互いを短い階段で結ぶ構造になっています。上下のフロアが斜めにつながり、壁ではなく段差で空間をゆるやかに仕切ります。
そして、同じ床面積の2階建てに比べると建坪が小さくてすむので、建築時の費用を抑えることができます。
限られた敷地面積を有効活用して、庭に家庭菜園をつくったり、趣味のための部屋や書斎、納戸などを設けたりすることも可能です。
全ての階、全ての部屋が程よい距離でつながっているため、無駄にする空間が少なく、有効的な利用ができます。

他にも、数々のメリットを生むスキップフロアの家は、暮らしを楽しむための新しい価値を生み出す住宅として、今、多くの注目を集めています。
  • モデルハウスを見てみよう
  • お近くの加盟店を探す
ページのトップへ

自然素材でつくる家の良さ

ここ数年の間に、家をつくるなら自然素材で、という消費者のニーズはますます高まっているようです。
その背景には、化学塗料や接着剤などの化合物が放出する有害物質によって、住む人が健康を損なうケースが後を絶たないという状況があるからだと思われます。
前よりもしあわせになるために建てた家で健康を害してしまうなんて、これほど理不尽なことはありません。大切な家族の健康を考えたら、マイホームは自然素材にこだわってつくりたいものです。

無垢の木、自然素材から生まれた壁材や塗料は、子どもとお年寄りにも安全で、万一、赤ちゃんがなめてしまっても心配がいりません。また無垢の木や自然素材の壁は、建物になってもなお呼吸し続け、室内を清々しい空気で満たしてくれます。
さらに自然素材の家は、工業製品のように時間とともに劣化してしまうことがなく、時間が経つほどに色合いや風合いが良くなり、味わいを増すことも大きな特長。ちょっとしたキズや擦れなら、家族の歴史が紡がれた証しとして、大らかに受け止められることでしょう。
木という自然の素材に触れながら暮らすことで、気持ちのゆとり、豊かさが増すという効果も期待できます。
木のあたたかみと共に、家族のあたたかさを大切にしていくことをおすすめします。

家族の健康を維持し、育む家。住むほどに味わいと愛着が増す家。これからは、そんな自然素材の家づくりを目指したいものです。
  • binOのことをもっと詳しく聞きたい
  • モデルハウスを見てみよう
  • お近くの加盟店を探す
ページのトップへ

建てるなら「長期優良住宅」

「長期優良住宅」とは、世代を越えて住み継げる良質な住宅を増やしていくために、国が住宅の質の高さを認定する制度のことです。

家の資産価値といえば、これまでは家が完成して引渡しされた時をピークとして時間の経過とともに下がり続け、築20年でほとんどなくなると言われてきました。
しかしこれからは、より質の高い住宅を建てて、住み始めてからも定期点検やメンテナンスを行って大切に使い続け、それを資産として後世に残していく時代です。

たとえば今、建てた家が30年後に“資産価値ゼロ”となってしまったら、資産が目減りするだけでなく、
売ったり貸したりすることも難しくなってしまいます。
もし30年後も適正な資産価値を維持できていれば、定年後に郊外へ引っ越ししたいと思ったときも家を売却することが可能ですし、丁寧に使われた状態のいい家なら、安心して購入できるため、買い手が見つかりやすいというメリットもあります。
それよりも長く住み続ける、子、孫と受け継いでいく大切な資産として、継承していく準備をする事が重要です。

長期優良住宅に認定されるということは、国からのお墨付きをもらった高品質な家である証し。だからこそ、これから家を建てるなら、品質の高さの1つの目安となる「長期優良住宅」にしたいものです。
  • 安心サポートを見る
ページのトップへ

土地の将来性が、人の将来をも左右する!?

「どこに住むか」ということは、ある意味「どんな家に住むか」以上に悩ましい問題と言えます。

賃貸ならば引っ越せますが、家を建ててしまってからでは後の祭り。どんなに不満でも周辺環境は1人では変えられませんし、不動産を売買するのも簡単なことではありません。

ではどのように考えて土地を選ぶべきなのでしょうか。
都会に住むか、郊外に住むか、田舎に住むかによっても、土地選びの基準は変わりますし、人の価値観や人生観によっても異なりますが、生活面から見たならば、一般的には、交通の便が良く、様々な面で
充実している街中の方が暮らしやすく、資産価値も高いと言えそうです。
ただ、残念ながら便利な街中は価格も高く、建物がひしめく駅前などでは、十分な広さを確保できないなど、条件の厳しい土地も少なくありません。

注文住宅であれば、多くの建築条件にも個別に対応できますがコストは高くつきます。でも、狭小地にすっぽりと納まるコンパクトな規格住宅であれば、より低価格で家を建てることができます。

そんな選択肢もあることを知った上で、土地選びをしてみませんか? もしかすると、あきらめかけていた駅前の〝あの土地〟に、家を建てられるかも知れません。
  • binOのラインナップを見る
  • お近くの加盟店に相談する
ページのトップへ

等身大の資金計画になっていますか?

家づくりを考え始めたら、それと同時進行しなくてはならないのが資金計画です。資金計画は家づくりのいわば「ヘソ」。しっかりとした計画を立てて、堅実に返していけるよう準備したいものです。

住宅ローンを組む時、この際だからとムリをしがちですが、暮らしを楽しむゆとりを残し、等身大の資金計画にしておくことが大切です。
住宅ローンは20年、30年と長期にわたって返済しつづけるもの。その間には、子どもの誕生・進学、
自分の退職、老後資金の準備など、さまざまなイベントが待っています。共働きの時はよくても、将来、どちらかが仕事を辞めなくてはならない時が来るかもしれませんし、子どもの進学でまとまったお金が必要になる場合もあるかもしれません。

暮らしそのものを楽しめるように、資金計画や将来設計までも含めて、家づくりを考えることが重要です。
  • 安心サポートを見る
  • お近くの加盟店を探す
  • BinOのコンセプトを見る
ページのトップへ